FC2ブログ

🇮🇹イタリア研修旅行🇮🇹

G.W明けから 歴史ある建築物の国として知られるイタリアに研修に行ってきました〜(^∇^)ノ 

街中が美術館と言われるほどに 圧巻の一言

建物、人、文化、全てが日本とは大きくかけ離れ、今までの自分の経験値の浅さや

考え方にいたるまで いい意味でリニューアルできた本当に中身の濃い旅でした。

DSC_0334_convert_20170530104645.jpg

飛行機で12時間 ミラノに到着したその日の 第一衝撃弾
ここまで人は建築物を造り込めるものなのかと。。。((((;゚Д゚)))))))

IMG_2982_convert_20170530102431_201705301101475db.jpg

水の都 ヴェネツィアでの風景

DSC_0369_convert_20170530102240.jpg

も〜夢の国度が全開です(笑) 😩
このような水路が 複雑にはりめぐらされ ゴンドリエーレが船を漕ぐ姿が見られる
ため息が出るほど 絵になる!

IMG_3672_convert_20170530103838_201705301101580a0.jpg
 
アレッツォの山でワイナリーを営む ジョコリさんの家に招かれて イタリア流の熱烈なおもてなしを
してもらうという なんと 普通では経験させてもらえない貴重な体験
食事がとにかく 美味かったヽ(≧∀≦)ノ

IMG_3253_convert_20170530102930_201705301101504e1.jpg

IMG_3132_convert_20170530104531.jpg

DSC_0522_convert_20170530102557.jpg


フィレンツェでの 3枚
次に行くならどの街と問われたら 間違いなく1番目に名前をあげる
この旅で  とにかく気に入った場所
街の色使いも品格があって 王族の名残が随所に残るこの場所はまさに別格!

IMG_3497_convert_20170530103416_201705301101526f6.jpg
DSC_1038_convert_20170530103631_20170530110144779.jpg
DSC_1036_convert_20170530103537_20170530110143ac6.jpg
アルベロベッロの街
独特なカタチをしたトンガリ屋根の街
昔 建物に高い税金をかけられたこの町の人々が役人が来たらすぐに壊せるようにと石積みのこの建築物が誕生したらしい

IMG_3597_convert_20170530104243_20170530110155811.jpg
なつっこい人柄も 楽しかったなぁ〜

DSC_0681_convert_20170530102847.jpg
DSC_0786_convert_20170530103054.jpg

そして ローマへ
言わずと知れたコロッセオとトレヴィの泉
後ろ向きで泉にコインをトスすると もう一度この地に来ることができるらしい
もちろん やってきましたよー

4009914B-7341-4CD0-B6C0-8A5AD8CCA5AE_convert_20170530103245.jpg
IMG_3659_convert_20170530104005.jpg

そして ナポリ 
ナポリのピッツァ 絶品だった

DSC_1181_convert_20170530103717_20170530110146102.jpg
シチリア島アグリジェントの街にも
その昔 ローマ人の別荘として栄えた町
今も遺跡が多く残されていた

まだまだここには書ききれない たくさんの場所、たくさんの人に出会い
多くのことを学べた良い旅だった
この経験をどう活かすか どこで活きるのかは模索中ですが、
少なくとも 新たな引き出しを持てたことは確かです
今後とも 応援よろしくお願いします。



伊豆下田 宿泊施設「inside-y」完成

スケジュールの都合で撮影も先日無事に終える事ができ、

やっとこちらのブログにもお目見えできる状態になりました(。>ω<。)ノ


新規プロジェクトとして船出をした今回の宿泊施設 「inside-y」は

世界的アウトドアブランド patagonia(パタゴニア)のアンバサダーとしても活躍されている

進士剛光プロがオーナーをつとめる サーフコーチングと宿泊をミックスさせた新しい考え方の宿泊施設。



海外経験から得た 特別なサーフプログラムとアスリートを食の面からもバックアップするという
トータルなアスリート育成だけでなく
私も体験してきましたが 忙しい毎日からほんのちょっとだけ抜け出し きれいな海での海上散歩
サップ体験等 大人の修学旅行と呼ぶにふさわしい初心者用のプランも充実。
詳しくはRINE SURF←クリック!

ということで よしかわビルドは微力ながら 建築の部分において彼の夢のお手伝いをさせていただきました〜

IMG_0079_convert_20170419141741.jpg

内観はまさにサーファーズハウス
西海岸を感じさせてくれます

IMG_0086_convert_20170419142008.jpg

2Fの吹き抜けからは みんなが集まる食堂がみえる

IMG_0081_convert_20170419141935.jpg

今回のこの物件を含めたプロジェクト
海がつないだ出逢いがカタチになる(仮名)
は 2017,5/20発売の雑誌 Baratee特集 掲載決定!
IMG_0056_convert_20170419141907.jpg

撮影シーンを ちょっとだけヽ( ´_`)丿

IMG_0050_convert_20170419141833.jpg
発売日には 書店へ GO!

2017

2017 明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします!


新年一発目の現場は 昨年末から 着工中の ペンション兼住宅

現場は 私も週末にはずっとお世話になっている 伊豆下田!

御施主様も当然のごとく バリッバリの サーファー!
っというか ホントにプロサーファー😄

そしてそして今回のデザインコンセプトは
私自身もサーファーということもあり 
御施主様との打合せスタート開始5秒で意義なしの即決まり

まさに いまが旬の

サーファーズハウス〜カリフォルニアスタイル 

いや〜 ワクワクしてきますね〜

そろそろ仕上げ工程に差し掛かってきております
とりあえず写真はもったいぶります
完成をお楽しみに〜

OPEN~BAR PORTIER

先日 我々が携わらせていただいたBARがめでたくOPENいたしました!

シラッとおもむろに書き始めてますが、約半年ぶりのブログです😓

IMG_2022_convert_20161114081513.jpg

今回の依頼では 最初からコンセプトは古城

エントランスのドアは フランス製本物のアンティークをチョイス
重厚感漂うこのドアは目の前に立つと開ける者を試すようなそんな品格さえ感じます

そもそも お店の名前の【PORTIER】ポルティエの由来は 英語で言うところの
ポーター:案内人 転じて 門番という意味があるらしい
マスターからこの話を聞いてピンときたドアだ

IMG_2049_convert_20161114081727.jpg

店内の顔となる6Mオーバーの 分厚い一枚ものカウンターは木目の表情が美しい杉
落ち着いたオーク色を差して トップコートのクリアー塗装を10数回 
30年以上も人知れず倉庫で目覚めを待っていた材に命を吹き込む瞬間
何処で育って どんな時代をみてきたのか
リスペクトの気持ちをもって ぜひ触ってもらいたい

IMG_2043_convert_20161114081425.jpg

いまでは お酒で埋め尽くされた バックバーのちょうどセンター
カウンターのどこに座っても見えるよう半円のカタチをしたチェストは
やはりフランスアンティーク
高価で美しいグラスが入りこちらも お酒を美味しくしてくれるファクターのひとつだ
そこにあたる照明の色だけは 店内全てに統一されたオレンジ色の暖色とは異なり
昼白色といわれる 煌びやかなホワイト系の色にしてそこだけキラキラな雰囲気をもたす工夫を施してあります  

IMG_2050_convert_20161114081635.jpg

レセプション当日は 入れ替わりでたくさんの人々がきて BARじゃないぐらいの賑やかさ
職人さんたちも ほんとにめちゃくちゃ飲みまくってました
😓😓😓

IMG_2126_convert_20161114082329.jpg

さて、そんなBAR PORTIER(バーポルティエ)は 
もうグランドオープンしています 年内は休まず営業とのことですので
皆さん ぜひ 我々の創った雰囲気でオシャレに美酒に酔ってみては
                      tomo

IMG_2142_convert_20161114082423.jpg

マンション改装工事

夏が来たかと思うくらい 暑い日がちらほら でてきましたね。

それもそのはず、ニュースではもうすぐ梅雨とか。

ゴールデンウィークを挟むかたちで施工していた 来の宮のマンションの改装工事。

先日 無事に引き渡しが完了しました。

3Fということで 材料の上げ下げ等で 各職方さんたちはなかなか苦労してシビレル現場だったと思いますが

いつもながらほんとにキチンと仕上げてくれました。感謝です。

ということで 

IMG_1239_convert_20160523205124.jpg

IMG_1242_convert_20160523205211.jpg

IMG_1244_convert_20160523205252.jpg

シンプルなつくりになりましたが
ホワイトの中に 真っ赤なキッチンが スタイリッシュです。

いつものwood感では無い感じが 自分的には新鮮でした。

今度の物件はどんなのが いいかな?😄




よしかわビルド
静岡県東部・伊豆の小さなリフォームから全面リフォームまでよしかわビルドにお任せください!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク